歯医者の使い分け

歯医者を使い分ける方法

最近では多くの歯医者が点在していますが、総合的な歯科の看板ではなく、口腔外科や矯正外科や審美歯科など専門とする看板が掲げられている歯医者をよく見かけます。それだけ多くの患者さんが望んでいるのでしょう。もちろん歯科しか看板を掲げていなくても歯や口腔などのトータルをケアをしている医療機関も多くあります。最近の歯医者さんは、虫歯や歯周病の治療だけではなく最近では欧米の治療を取り込んだ虫歯菌をなくす治療やデンタルフロスやキシリトールガムの推奨をしていたりと予防に力を入れている場所もあるので、従来の治療だけではなく新しい方針もある歯医者もあるので、自分に合った歯医者をこれを機会に見つけてみるといいかもしれません。

進歩する歯科医療を利用する

治療に関しては基本的に健康保険を使って治療費の一部の1割から3割を患者さんが支払いますが、最近では希望の治療に応じて健康保険が適用されない場合があります。これは医学の進歩や医療材料の進化によるものや欧米では認可されているがまだ日本では認可されず自由診療になるケースがあります。歯医者さんによって考え方が違ってきますしまた値段も違います。新しい治療法も魅力的ですが、医師の腕や治療症例数が少ない場合もあるので、場合によってはトラブルにつながる可能性もあるので、慎重に考え医師と相談して決断する必要があることも事実です。しかし今まで不可能であった治療や患者さんの希望する治療が増えたのは確かです。今後も進化していく歯科医療になると思います。