矯正歯科のメリット

見た目だけではなく様々なトラブルを改善

矯正歯科の治療を受ける人の多くは、見た目を良くすることが目的であることでしょう。もちろん、矯正歯科の治療を受ければ、見た目は良くなります。しかし、見た目ばかりではなく、他にも好影響を与えるのです。言い換えれば、悪い歯並びのデメリットは見た目だけではないのです。 歯並びが悪いと発音しにくい言葉がある場合がありますので、円滑なコミュニケーションが困難な場合があります。また、歯ブラシが届かない場所が存在していることが往々にしてありますから、虫歯や歯周病になりやすいのです。 そして、歯並びが悪いと食べ物を噛み砕くという歯の重要な役割が不十分です。その為、十分に噛み砕かれないままで食べ物が飲み込まれ、胃や腸等に過度な負担がかかります。過度な負担は、当然、病気を発症させる可能性を高めます。 このように悪い歯並びは、様々なトラブルの原因となっているのです。ですから、矯正歯科の治療を受けることは、とても有意義なことなのです。

大幅にストレスが軽減されている現在の矯正歯科治療

しかし、矯正歯科の治療には大きな問題があります。それは、矯正装置を付けなければならないことです。矯正装置は非常に目立ちますから、治療期間中は多大なストレスを感じることとなります。そのストレスが嫌で、矯正歯科の治療を敬遠する人も多くいることでしょう。 しかし、矯正装置が目立つというのは、もはや昔の話です。現在では、歯と同色、あるいは透明なので目立たない矯正装置もあります。また、歯の裏側に付けるので目立たないどころか、まったく見えない矯正装置もあるのです。 このように、現在の矯正歯科の治療は進化していて、患者への配慮が行き届いています。ですから、以前のように大きなストレスを感じることなく、治療を受けることが可能になっているのです。